2008年05月31日

法王庁の避妊法

法王庁の避妊法


某雑誌でのインタビューで”今一番やりたい仕事は?”の問いに
すかさず”舞台”と返答がありましたが、その願いが叶った
稲森いずみさんの初舞台作品です。
いずみさんの新しい一面が見出せたステキな作品です。
妊娠、堕胎、出産、生と死などの視点から荻野博士が「女性の排卵日」を発見するまでをコミカルにまた、しっかりと描いてある作品。
中学生の性教育にも使えそうです。

posted by arika at 10:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。